[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
ビアードパパ 季節限定 恐竜のガリガリたまごシュー 食べました!
今年は、大ヒット間違いなしの映画の「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の公開にあわせて、恐竜グッズが次々登場!

シュークリーム専門店 「ビアードパパの作りたて工房。」 の季節限定メニュー 「恐竜のガリガリたまごシュー」があるんですよ。
まるで発見された恐竜化石のような季節限定シュークリームです。

ビアードパパ 季節限定 恐竜のガリガリたまごシュー

7/1~8/31 期間限定

ビアードパパ 季節限定 恐竜のガリガリたまごシュー
イーアスつくばの
ビアードパパで売ってました。

限定なので、
シューが焼けるタイミングを
30分待ってゲット!

ビアードパパ 季節限定 恐竜のガリガリたまごシュー
まるで恐竜のたまごみたいな
シュークリーム!
230円

ビアードパパ 季節限定 恐竜のガリガリたまごシュー
確かに恐竜のたまごみたいな
ゴツゴツの表面!

サクサクを超えた
ガリガリ触感にビックリです!

季節限定 恐竜のガリガリたまごシュー

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


革で恐竜をつくる「レザーアニマル恐竜の世界②」を作ってみました!
革で恐竜をつくる「レザーアニマル恐竜の世界②」を作ってみました!

レザーアニマル恐竜の世界②
ヤフオクでゲット!
1セットで4つの恐竜が作れる!

・・・・・

全部、1枚の平面の革
これで何の恐竜ができるのか?
当ててみてください!

レザーアニマル恐竜の世界②

レザーアニマル恐竜の世界②

レザーアニマル恐竜の世界②

レザーアニマル恐竜の世界②

作り方は・・・

革の裏を水で濡らして・・・・
レザーアニマル恐竜の世界②
指で立体に見えるように
曲げていきます。

革は乾くとその形が
記憶されるそうです

レザーアニマル恐竜の世界②
トリケラトプス

レザーアニマル恐竜の世界②
プテラノドン

レザーアニマル恐竜の世界②
セイスモサウルス

レザーアニマル恐竜の世界②
ティラノサウルス

キットの名前が「レザーアニマル恐竜の世界②」となっているので、他の恐竜もあるのかな?


テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


地球の歴史文庫・全12巻の1冊 日本列島のおい立ち(牛来正夫著)を読みました。67年前に書かれた本で、本全体がリアルにレトロで楽しい!
館長
地球の歴史文庫・全12巻の1冊 日本列島のおい立ち(牛来正夫著)を読みました。1951年に初版が書かれた本なので、今から67年前の本。地学の本ですが、地学の歴史も、当時の様子も書かれているところも楽しみです。

■ 名称:日本列島のおい立ち
■ 著者:牛来正夫
■ 発行日:1969年1月10日(初版1951年)
■ 発行所:福村出版株式会社


日本列島のおい立ち(牛来正夫著)
日本列島のおい立ち
牛来正夫著

1969年1月10日発行(初版は1951年)福村出版の地球の歴史文庫・全12巻の1冊。

著者の牛来正夫先生は地球科学者で元東京教育大学(現在の筑波大学)理学部の教授で、世界に名が知られた研究者だったんですね。「うしこ」さんと思っていましたが「ごらい」さんて読むんですね。ナウマン象などの研究者 地球の歴史文庫の著者の一人でもある井尻正二さんの親友とか。

本は第1章 大地は生きている、第2章 日本列島のおい立ちの二部構成。動かなく見える大地でも上昇したり沈下したり、地震などで動くこと、地盤の上下で海岸線が陸地に入り込んだり、陸地が広がったりすること。地球内部からマグマが噴き出したり、作られた地層が褶曲したり、おしかぶせが起きたり等など、日本列島の誕生から変化まで、分かりやすく説明されています。

レトロな挿絵が
良い感じ!

日本列島のおい立ち(牛来正夫著)
21図
溶岩が水けむりをあげて
海中に流れ入る

日本列島のおい立ち(牛来正夫著)
26図
1946年(昭和21)の
桜島火山の大噴火

日本列島のおい立ち(牛来正夫著)
40図
科学博物館
正面の真白い花崗岩は
筑波山の北の方から産出された
稲田みかげ

日本列島のおい立ち(牛来正夫著)
45図
長瀞
きれいな地層で
昔から楽しまれている観光地

そんな中、1951年に書かれた本なので気になることが随所に出てくる。

■ 当時の地学通説では地球の年齢は20億年?

「魚のおいたち」の本にも出てきたゴトランド紀(現在のシルル紀)の名前も出てきますが、地球の歴史が20億年だったらしい。最近は地球の歴史は46億年と書かれている本が多いと思うのですが・・

「・・・地球のはじまりもおなじでして、地球そもそものはじまりがどんなだったかということは、なかなかむずかしい問題です。学者の考えがまちまちでまだよくわからないことが多いのですが、今からおおよそ二十億年ほど前までは、地球はドロドロにとけた熱い液体のかたまりだったろうといわれています。・・・」

日本列島のおい立ち(牛来正夫著)

地質時代の表でも、カンブリア紀よりも古い時代(20億年~5億5000万年前)が太古代(始生代+原生代)となっている。当時は地球の年令は20億年と考えられていたのかな? 最近の図鑑を見るとまだ地球がドロドロだった時期も含めて46億年~冥生代、40億年~始生代、25億年~5億4100万年が原生代と研究成果で変わってきたんですね。
 
■ 戦争の影響で「金へん景気」?

「この前の戦争(1945年が終戦)のときには100機以上もの飛行機で空襲されて、たくさんの家がやかれ、人が死に、悲しみもきえないうちに、またこの大地震(1948年福井地震)のためにさんざんな目にあったのです。・・・」

「・・・どこかで戦争がはじまって、どんどん武器が使われて足りなくなると、それをつくるのにいる鉄とか、銅とかそのほかいろいろの金属類が足りなくなって、どんどん値段が高くなるようになります。それですから武器をつくる特べつの大会社は、うんともうかるというわけなのです。これが金へん景気というものです。」

 ・・・・・
 
地学の歴史を学べる本ですね。当時の第一人者が子ども向けに優しくかみ砕いて解説しているのでスラスラ読めます。でてくる写真やイラストもレトロで好きだなぁ・・・。

日本列島のおい立ち(牛来正夫著)

このシリーズは他にも読みたい本があるので、古書店やヤフオクで探しています。しばらく「地球の歴史文庫」で楽しめそうです。

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


50年以上前に刊行された「地球の歴史文庫」全12冊にはまってます!
ここ最近、50年前の「地球の歴史文庫」というのにはまってます。

たまたま神田神保町の古本屋で最初の1冊「世界の竜」を発見、2冊目はヤフオクで「魚のおいたち」を発見ゲット!

全部で12冊というところが、コレクターの心を刺激するわけで、探してみたらポンポン、ヤフオクでこの2冊が見つかりました。「日本列島のおい立ち」「マンモス象とその仲間」。

地球の歴史文庫

子ども向けにやさしく書いてあるので読みやすく、それにもまして、50年前の日本の様子や背景がチョコチョコ出てきて、とっても楽しい!

一番最近手に入れた「マンモス~」はあとがきが1951年となっているので67年前に書かれたもの。日本は1945年に第二次世界大戦で焼け野原になってから数年しか経っていないので、空襲で多くの人がなくなったとか、中国や朝鮮とは国交がなくなり研究者でも行くことができなくなったなど、戦争の傷痕もよく出てきます。

ヤフオクを見ていると残りの8冊も見かけるので、ボチボチ集めようなかぁと思ってます。

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


1965年9月の本 「魚のおいたち」 を読みました。魚の黒焼きって知ってます?
1965年9月の本 「魚のおいたち」 を読みました。著者は東大教授だった高井冬二(たかいふゆじ)さん。

1965年9月の本 「魚のおいたち」 から
魚のおいたち

この手の本は特に当時のレトロなイラストが大好きです。

1965年9月の本 「魚のおいたち」 から

1965年9月の本 「魚のおいたち」 から

 50年以上前に書かれた本で、地球上に生物が誕生し、魚に進化してきた道筋を子ども向けに書かれた本で、福村出版の地球の歴史文庫の1冊。本の中身はもちろん面白いんですが、普通にでてくる今と違う50年前のことがとっても面白い!

■ ゴトランド紀
 本の中の地質時代の名前で出てきたゴトランド紀? 聞いたことないなぁ・・・・。
ゴトランド(Gotland)紀とは1950年頃までは、スウェーデンのゴトランド島にちなんで「ゴトランド紀」とも呼ばれていたらしく、最近はシルル紀と呼ばれています。これは1835年にイギリスのロデリック・マーチソンがウェールズの古民族名「シルリア族」より命名した地質時代の名前。地質時代の名前も変化するんですね。

■ 黒焼屋?
「みなさんはやつめうなぎという魚を知っていますか。 ・・・ やつめうなぎは昔から鳥目(夜になるとはっきり物が見えなくなる病気)の薬だといわれて、町にある黒焼屋さんによく売っている魚です。」 ・・・ よくある黒焼屋とは?

 で、調べたら確かに50年くらい前は民間療法薬として色々なものの黒焼が専門の店で売られていたんですね。

 東京の秋葉原には今でも黒焼屋さんがありました。

1965年9月の本 「魚のおいたち」 から
総元祖 黒焼 伊藤黒焼店

1965年9月の本 「魚のおいたち」 から
タニシの黒焼

1965年9月の本 「魚のおいたち」 から
ニンニクの黒焼

 黒焼きとは、生物や植物を焼き物の壺に入れて真っ黒になるまで蒸し焼きにしたもの。これを粉にして薬としての飲むんです。
 病院や薬屋さんと同じくらい、病気治療や滋養強壮に使われていたらしい・・・

1965年9月の本 「魚のおいたち」 から
寒フナの黒焼

1965年9月の本 「魚のおいたち」 から
カタツムリの黒焼
ちょっと抵抗あるかも・・・

1965年9月の本 「魚のおいたち」 から
左から、リンゴ、ミミズ!、イモリ

1965年9月の本 「魚のおいたち」 から
イモリの黒焼は聞いたことがあるなぁ・・・
高級品らしく粉が桐の箱に入ってます。
いくらするのかなぁ・・・

 1965年9月の本 「魚のおいたち」 を読んだら黒焼きのことを知ることができました。
 50年前は黒焼きが現在の薬屋さんと同じく一般的だったこと、そんな黒焼屋さんがいまでも都会にあることを知ることができました。いろいろ勉強になるなぁ・・・。

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


2018年 あけましておめでとうございます! 2018年も恐竜おもちゃの博物館をよろしくお願いします!
2018年 あけましておめでとうございます!

2017年は恐竜おもちゃのほかにも、たくさんの恐竜公園にも会いに行きました。

2017年に会いに行った恐竜像たち!
(岐阜県 養老町) 蛇持交差点の商業施設

2017年に会いに行った恐竜像たち!
(埼玉県 ふじみ野市) 東原親水公園

2017年に会いに行った恐竜像たち!
(北海道 滝川市) 滝川東公園

2017年に会いに行った恐竜像たち!
(愛知県 名古屋市) 東山動植物園

2017年に会いに行った恐竜像たち!
(福岡県 遠賀町) ふれあい広場公園

2017年に会いに行った恐竜像たち!
(栃木県 佐野市) 佐野市運動公園

2017年に会いに行った恐竜像たち!
(兵庫県 尼崎市) ポシブル尼崎(介護施設)

2017年に会いに行った恐竜像たち!
(東京都 羽村市) 羽村市動物公園

ここで紹介しきれないくらい、あちらこちらの恐竜たちに会いに行きました。

恐竜おもちゃの博物館は1998年8月15日にスタートしました。自分の趣味の発信の場として始めましたが、恐竜が好きな方から「見てますよ」と声をかけられることもあり、これからも恐竜の周辺情報を発信していきたいと思います。

2018年も恐竜で遊ぶぞ! 2018年も恐竜たちに会いに行くぞ!

今年も
恐竜おもちゃの博物館を
よろしくお願いします。
今年も恐竜おもちゃの博物館をよろしくお願いします


テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


おかげさまで、恐竜おもちゃの博物館が20年目に突入しました! ちょっと昔を振り返り・・・
館長
1998年8月15日に始まった「恐竜おもちゃの博物館」が、おかげさまで20年目に突入しました!

昨年の8月15日に1825個だった展示が1年後に1943個、118個増えました。いろんなコーナーが増えたからか、公開のペースはのんびりモードですが、これからもボチボチ紹介して行きましょう。

「恐竜おもちゃの博物館」は1998年の夏休みに始めたホームページですが、当時、ホームページを立ち上げるのがちょっとした流行で、何か趣味の情報を発信するホームページを作りたいなあ・・と考えて、「恐竜」のホームページはあるけど、「恐竜のおもちゃ」のホームページはないことに気づき、スキマを狙って、持っている「恐竜おもちゃ」を紹介する「恐竜博物館」を始めました。

最初は「恐竜博物館」という名前だったんですが、発信している情報が恐竜のプラモデルや玩具の情報なので、分かりやすいように「おもちゃ」という言葉を追加、「恐竜おもちゃの博物館」という名前になりました。

立ち上げた時の機材は、アップル社のマッキントッシュ・パフォーマ:Apple Macintosh Performa(5260だったと思うのですが・・・)と、発売されたばかりのカシオのデジカメQV-10。両方とも数年前に発売された機種でした。

マックのメモリが16メガ(最大64メガ)、内蔵ハードディスクが800メガと、こんなに小さなメモリだったんですね。パフォーマ5260は本体・ブラウン管モニター・フロッピーディスクドライブなどが一体となったパソコンで、ホームページや写真データはフロッピーディスクに保存されていました。ホームページ作りに必要な通信は、本体の後ろに電話線をつないで、通信モデムで「ピー、ヒョロヒョロ・・」とアナログ音声で通信するタイプで、プロバイダーも3分10円みたいな従量制を使っていました!

特にデジカメがビックリで、画素数がなんと32メガ。今どきだったらガラケーだってもっと高画質ですね。なかなかはっきり映らないし、接写が不得意。でも凄~く高かったことが印象に残っています。 こんな画質なのに65000円くらいしたと思うんですが、これでも当時は庶民が頑張って買える価格で一番の高画質。思い切って買いました!

こんな機材で作ったホームページに紹介されていたおもちゃは15点(当時は1部屋に5個展示×3部屋)からスタートしました。


・・・・・


恐竜のおもちゃや恐竜公園や恐竜展など恐竜サブカルチャー情報など、恐竜研究の周辺で行われている楽しい恐竜情報をこれからも発信し続けます! これからも応援、よろしくお願いします。

恐竜おもちゃの博物館
館長

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


ほねほねザウルス×福井県立恐竜博物館(第2弾) ゲット&組み立て完了!
2017年7月に発売された「ほねほねザウルス×福井県立恐竜博物館(第2弾)」 全部で4種類。さっそくコンプして、組み立ててみました。福井県公式マスコットキャラ「ジュラチック」のミニキャラと、恐竜解説カードもついているよ。

この箱を見つけたらゲットね
ほねほねザウルス×福井県立恐竜博物館

コシサウルス&サウタン
ほねほねザウルス×福井県立恐竜博物館

プテラノドン&プテラ
ほねほねザウルス×福井県立恐竜博物館

フクイベナートル&ラプト
ほねほねザウルス×福井県立恐竜博物館

ケラトサウルス&ティッチー
ほねほねザウルス×福井県立恐竜博物館

4箱に入っている
スペシャルパーツを
全部集めると21cmの
ティラノサウルスが完成!
ほねほねザウルス×福井県立恐竜博物館

詳しい紹介はまた今度!


北海道の滝川市美術自然史館で買った段ボールクラフトの恐竜を作ってみました!
北海道の滝川市美術自然史館で買った段ボールクラフトの恐竜を作ってみました!

滝川市美術自然史館の
バタバタとした見学が終わった後
お土産コーナーにあったこれをゲット

滝川市美術自然史館で買った段ボールクラフトの恐竜

部品は
小さな用紙
2枚だけ
滝川市美術自然史館で買った段ボールクラフトの恐竜

切れ目が入っているので
ほんの少し
カッターで切り離すと
パーツが完成!
滝川市美術自然史館で買った段ボールクラフトの恐竜

折り曲げて
パーツが完成
滝川市美術自然史館で買った段ボールクラフトの恐竜

説明書を見ながら
組み立てたら
完成!

かわいい
ステゴサウルスの
貯金箱が登場!
滝川市美術自然史館で買った段ボールクラフトの恐竜

このおもちゃ
ダンボールハンディー
クラフトシリーズ
dancoo! 
恐竜貯金箱 は

販促イベント用に
販売されているもののようです。
200円は安かったなぁ・・・

これを見るたびに
はるばる行った滝川市の
美術自然史館のことを
思い出すのも
素敵ですね。

その時の訪問記はこちら

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


2017年春に刊行された「豊橋市自然史博物館 展示解説」 郵送でゲットできました!
2017年の春に刊行された「豊橋市自然史博物館 展示解説」 が届きました。

「豊橋市自然史博物館 展示解説」ができたことをネットで知り、通販で買えるのか調べたら、代金700円+郵送代として切手300円を現金書留で送る方法を見つけました。

さっそくお金と切手と現金書留の封筒を用意して、郵便局から発送。

本日、無事に自宅に届きました。
豊橋市自然史博物館 展示解説

豊橋市自然史博物館 展示解説

豊橋市自然史博物館 展示解説

なかなか立派です!

本体800円だけど、書留封筒の代金、送料200円、書留の送料が600円弱・・・本体よりも送料その他が高いなあ・・・。でも郵送で買えるサービス、素敵です!
豊橋市自然史博物館のHP 新しい展示解説書を発売


テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用