[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
クローバーの1/50・恐竜の世界シリーズのゴルゴサウルスを追加!
2010年1月30日 博物館を更新!

 恐竜おもちゃの博物館に、クローバーの1/50・恐竜の世界シリーズのゴルゴサウルスを追加しました。ゴルゴサウルスは恐竜おもちゃの博物館に初登場!

 展示室080号室-4の記事はこちらから



恐竜おもちゃの博物館 本館へ
恐竜おもちゃの博物館(本館)にも遊びに来てね。

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


ミクロラプトルの飛ぶ姿
2010年1月30日

 ミクロラプトルの飛ぶ姿を解明したという記事がでていました。

 ミクロラプトルは小型の羽毛恐竜の中でも特に変わっているのが足にも羽があったこと。手足4ヶ所に羽があったんですね。

 現在の鳥は腕が翼になっていますが、足には羽はついていない。となると、ミクロラプトルは空を飛ぶ時に足の羽をどう使ったかが問題になる訳です。

 腕の翼も足の翼も全部拡げて4枚の翼で飛んだのか? 腕の翼のすぐ後ろに足の翼をくっつけて大きな2枚の翼で飛んだのか? 足の翼は使わなかったのか? ・・・

 こういう時にどうやって調べるか? という時に日本では「コンピューターで解析しちゃおう」という方向に進むことが多いのでは?

 でも諸外国では「実物大模型を作って実験しちゃえば良い」という方向も多いような。アメリカのカンザス大学と中国の東北大学の研究チームが実物大模型を作って飛ばす実験をして、飛ぶ姿を研究したところ、4つの翼を大きく拡げてグライダーのように滑空した可能性が高いと分かった。3.33メートルの高さから滑空させたら最長24メートル飛んだとか。イベントとしても面白いし、分かりやすいですね。

 ミクロラプトルのおもちゃは恐竜おもちゃの博物館 展示室051号室の9でも紹介しています。空を飛ぶ姿の再現モデル、出ないかなぁ。

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


陶器製の恐竜置物、スピノサウルスを追加
2010年1月29日 博物館を更新!

 恐竜おもちゃの博物館に、ヤフオクでゲットした恐竜の陶器製置物のスピノサウルスを追加しました。

 展示室080号室-3の記事はこちらから



恐竜おもちゃの博物館 本館へ
恐竜おもちゃの博物館(本館)にも遊びに来てね。

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


ジュラシックパーク4
2010年1月29日

 映画「ジュラシックパーク」の新シリーズを作りたいとジュラシックパーク3の監督さんが発表したそうな。エイガコムに記事が載ってました。

 ジュラシックパークは第3弾まで作られ大盛況の恐竜映画だったけど、原作者のマイケル・クライトン氏は亡くなっているし、どんな風に作るのか興味がありますね。

 恐竜映画がヒットすれば恐竜おもちゃも販売されるので大歓迎!ですね。

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


パラサ&ディンキーダイノスのブロントサウルスを追加
2010年1月28日 博物館を更新!

 恐竜おもちゃの博物館に、パラサ&ディンキーダイノスの水色のブロントサウルス、ブロントを追加しました。

 最近はアパトサウルスと呼ばれていますが、ブロントサウルスの方がこのおもちゃのイメージにぴったり!

 展示室080号室-2の記事はこちらから



恐竜おもちゃの博物館 本館へ
恐竜おもちゃの博物館(本館)にも遊びに来てね。

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜の色が科学的に解明された?
2010年1月28日

 中国で発見された小型の羽毛恐竜の羽毛の中にメラニン色素があったことを中国科学院などの研究チームが解明したというニュースが流れている。

 恐竜の化石を電子顕微鏡で調べたら、羽毛の中に赤茶色の色素や黒色の色素が発見された。

「恐竜の体の色は化石からでは分からない」というのが今までの通説で、恐竜の色は想像するしかないというのが常識だったから、この発見は画期的。

 これからは皮膚の色も正しく再現できるようになるかも。


 今回発表された羽毛恐竜の色は、お腹部分が白で背中が茶色、尻尾が白と茶色のシマシマ。あれ? 意外と普通だったりして。

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


テレビで3Dの恐竜が見える!
2010年1月27日

 2010年はアメリカ映画「アバター」の評判で3Dがますます身近になりましたが、いよいよテレビでも恐竜の3Dが見れるとか。

 ケーブルテレビのスターチャンネルが映画「センター・オブ・ジ・アース」を2010年の1月に放送するのにあわせて3Dメガネを配ったらしい。

 映画「センター・オブ・ジ・アース」は2008年の秋に日本で公開された初のフル3D映画でジュール・ベルヌの地底旅行が原作。恐竜も出てくるらしい。

 館長はケーブルテレビには入っているけどスターチャンネルはどうだったかな? メガネも無いし。果たして館長は恐竜3Dを見れるでしょうか?
関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


チバ・アルさんからの情報、第13弾。海洋堂 DINOLANDシリーズのカマラサウルス
2010年1月26日 博物館を更新!

 恐竜おもちゃの博物館のお友達グッズ情報、004号室08に「チバ・アルさんからの情報、第13弾」を追加しました。

 海洋堂のソフビ、DINOLANDシリーズのカマラサウルスです。緑色のカマラサウルス、新鮮ですね。

カマラサウルス
「海洋堂 DINOLAND カマラサウルス』

恐竜おもちゃの博物館 本館へ
恐竜おもちゃの博物館(本館)にも遊びに来てね。

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜のペーパークラフト「オルカード」のティラノサウルスを追加!
2010年1月25日 博物館を更新!
 恐竜おもちゃの博物館に、恐竜のペーパークラフト「オルカード」のティラノサウルスを追加しました。
 展示室080号室-1の記事はこちらから



恐竜おもちゃの博物館 本館へ
恐竜おもちゃの博物館(本館)にも遊びに来てね。

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


日本の恐竜、エゾミカサリュウ
2010年1月25日

 新書「ニッポンの恐竜」を読み終えて、最後の方に日本での恐竜化石に関する出来事年表を見ていたら、「エゾミカサリュウ」の化石が発見され大騒ぎになったのが1976年、1977年には国の天然記念物にもなったけど、発見から32年後の2008年に論文が発表され、「タニファサウルス・ミカサエンシス」と学名が付いた・・ただし最初はティラノサウルスみたいな恐竜との見立てだったのが、最終的には海の暴れん坊・モササウルスの仲間だったことが分かった。

 フタバスズキリュウも化石発見は1968年だけど、論文発表は2006年。化石発見から38年後にやっと正式にフタバサウルス・スズキイとなった。

 化石が発見されたときはニュースになり皆なも注目するけど、その後の研究が大変なんでしょうね。

 エゾミカサリュウが発見された時、地元の人たちは嬉しくってゴジラみたいな復元模型を作ってた。後でモササウルスになっちゃった時はさぞガッカリしたのでしょうね。三笠市の皆さんには恐縮ですが発見当時のエゾミカサリュウの模型が欲しいなぁ。インターネットで探したら写真は見つかるかな。



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用