FC2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
北海道に行く用事の時に、念願の札幌市博物館活動センターを見てきました!
館長
北海道に行く用事の時に、念願の札幌市博物館活動センターを見てきました!

■ 施設名:札幌市博物館活動センター
■ 所在地:札幌市豊平区平岸5条15丁目1-6
■ 最寄駅:札幌市営地下鉄南北線・澄川駅から650m
  

北海道に行く用事の時に、念願の札幌市博物館活動センターを見てきました!

札幌市博物館活動センターは数年前に札幌駅の近くから現在の場所に移転したのですが、それを知らずに前の場所を訪ねて、建物が無くなってる!とガッカリした思い出あり。なので2度目の挑戦で見学できました。

札幌市博物館活動センターのサッポロカイギュウに会いにいった

現在の場所は札幌市地下鉄・南北線の真駒内行きの途中の澄川駅が最寄駅。
ここから歩いて行きますが、スマホのマップでは分からない上り坂! 結構急な坂を登り、登ったら直ぐにいったん下り、再び坂を登った先に建物がありました。

札幌市博物館活動センターのサッポロカイギュウに会いにいった

カイギュウのマークが描かれた建物発見! 手作りぽい感じで、スタッフの皆さんの熱意を感じる?!

札幌市博物館活動センターのサッポロカイギュウに会いにいった

建物内部は展示施設というよりも、研究室みたいで、入って良いのか聞いちゃいました。キャスターがついたスーツケースをガラガラ引いて「カイギュウ」を見に来たお客さんは珍しかったようです(私のことですが)。

建物に入った正面の部屋にサッポロカイギュウの復元像あり!
全身復元骨格は標本は、全身7m超! デカイです!

札幌市博物館活動センターのサッポロカイギュウに会いにいった

発掘されたあばら骨が丸太のように太く、相当な骨太です。

札幌市博物館活動センターのサッポロカイギュウに会いにいった

サッポロカイギュウは、棚橋さんという小学生の女の子が第一発見者。2003年から本格的に札幌市博物館活動センターによる発掘が行われ3年かけて調査した結果、この化石は世界最古の大型カイギュウのものであることがわかったそうです。

札幌市博物館活動センターのサッポロカイギュウに会いにいった

発掘された化石は全体の一部分(模型の赤い部分)

札幌市博物館活動センターのサッポロカイギュウに会いにいった

札幌市博物館活動センターのサッポロカイギュウに会いにいった

サッポロカイギュウは冷たい海に適応した大型カイギュウ(ジュゴン科ヒドロダマリス属)とされ、ステラーカイギュウや同じく北海道で発掘されたタキカワカイギュウを参考にして復元したそうです。 タキカワカイギュウに会いにいった時の記事

暖かな海で誕生したカイギュウの仲間が体を大きくすることで冷たい海に適応していった最古(最初)のカイギュウらしいのです!当時の札幌は進化の最前線だったんですね。

札幌市博物館活動センターのサッポロカイギュウに会いにいった

サッポロカイギュウの隣に大きさの比較用の骸骨が並べてあるのがユニーク!

札幌市博物館活動センターのサッポロカイギュウに会いにいった

よ~く見ると骸骨は内臓が描かれた服を着ている?!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

札幌市博物館活動センターのサッポロカイギュウに会いにいった

展示室の展示はかなりサッパリしていて、ほぼカイギュウがメインですが、サッポロカイギュウのほかにも札幌市や周辺で発見された化石が展示されています。

札幌市博物館活動センターのサッポロカイギュウに会いにいった

館内に展示されているサッポロカイギュウ模型。近くの学校の生徒さん手作りで、カワイイ!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

サッポロカイギュウに会えるまで遠い道のりだったなあ・・・・と紹介するハズだったのが、紹介する前の2018年8月に写真を保管していたPCのハードディスクがダウン!! 

いろいろ試しても復活できずに、すっかり諦めていたのですが、最後のチャレンジで復活成功!

つたない記事ですが公開することができました。 サッポロカイギュウも喜んでいる気がします!!
札幌市博物館活動センターのサッポロカイギュウに会いにいった

■恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!
■館長が見学した恐竜展たち!
■恐竜に会える博物館・科学館など
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像


関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2018年の恐竜イベント情報を紹介します! 北海道むかわ町にある穂別町民センターで「復興イベント むかわ竜 完全版 大公開2018」 11/11、17、18の3日間、むかわ竜完全版を期間限定で公開!
平成30年9月6日発生した北海道胆振東部地震により甚大な被害を受けた本町の早期復興をめざす復興イベントとして、延期となっていた日本最大の恐竜全身骨格化石「むかわ竜」(むかわ町穂別産)の完全版を期間限定で公開!

■ 復興イベント むかわ竜 完全版 大公開2018
  2018年11月11日、17日、18日の3日間
  穂別町民センター (北海道勇払郡むかわ町穂別)

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2018年の恐竜イベント情報を紹介します! 岐阜県の瑞浪市化石博物館で「化石の日」制定記念ミニ展示会「グルグル巻いた化石たち」 2018/10/13~2019/01/14
10月15日を「化石の日」と制定することが正式に発表! このは「ニッポニテス・ミラビリス」が新種として発表された日。これを記念してアンモナイトとビカリアをテーマにしたミニ展示を開催!

■ 「化石の日」制定記念ミニ展示会「グルグル巻いた化石たち」
  2018年10月13日~2019年1月14日
  瑞浪市化石博物館 (岐阜県瑞浪市明世町山野内1-47)

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2018年の恐竜イベント情報を紹介します! 山形駅からすぐの山形県立博物館で「ヤマガタダイカイギュウと人魚たち - 1千万年、進化のドラマ -」  2018/09/22~2018/12/02
1978年に2人の小学生が最上川の侵食により姿を現したヤマガタダイカイギュウを発見! 以来各地での発見の経緯やカイギュウ化石の研究の歴史をふり返り、約1千万年に及ぶ「人魚の仲間たち」の進化のドラマを紹介!

■ ヤマガタダイカイギュウと人魚たち -1千万年、進化のドラマ-
  2018年9月22日~2018年12月2日
  山形県立博物館 (山形県山形市霞城町1-8(霞城公園内))

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


石川県内灘町にあるハマナス恐竜公園には、全長8mクラスの竜脚類がいるらしい! 会って行ってみました!
館長
石川県内灘町にあるハマナス恐竜公園には、全長8mクラスの竜脚類がいるらしい! 会って行ってみました!

■ 施設名:ハマナス恐竜公園
■ 所在地:石川県河北郡内灘町ハマナス2-185
■ 最寄駅:北陸鉄道・内灘駅から3km(バス便あり)
  

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園
金沢駅からスタート

金沢駅から北陸鉄道に乗って内灘駅へ。内灘駅からバスに乗り換えて金沢医科大学へ。大学の建物の奥に目指すハマナス恐竜公園があります。

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園
金沢医科大学前に到着

バス停の目の前に金沢医科大学

大学の後ろ側に
ハマナス恐竜公園があります!

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園
ハマナス恐竜公園に到着!

ハマナス恐竜公園にはネームプレートがないのか?  見当たりません。たいてい大きな公園にはあるけどね。

ハマナス恐竜公園は恐竜をテーマにした広さ1ヘクタール余りのファミリー向け公園とか。円形の屋外ステージみたいな滝のモニュメント、小高い芝生の上に複合アスレチック遊具、トイレや自販機のそばの木立に寄り添って大物アパトサウルスがいました!

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園
屋外ステージ?

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園
アスレチック遊具?
大きいです!

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園
正面に恐竜発見!!!

高さ5m、頭と尻尾を伸ばすと推定全長8mのアパトサウルス。FRP製。右足を岩に乗せているポーズ。

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園
リアルで存在感あり!

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園
恐竜の左側に大きな木があるので
左側から写真が撮れない・・・

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園
高く持ち上げた顔
リアルです!

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園
顔がリアルというか、怖!

大きな木の脇にあるので、まるで高い木の葉を食べているみたい! 木が邪魔して写真がうまく撮れないけど・・・・。とってもリアルな恐竜像で、良くできてる!

もう1つは、ティラノサウルスがモチーフのすべり台遊具。正面から見るとアゴのエラが張っていて、いかにもティラノサウルス!

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

ティラノサウルスの胸の辺りから入り、よくあるパターンだと、そのまま尻尾が滑り台になっているものが多いんですが、ここの遊具はいろんなアスレチックの入り口がティラノの上半身で、最後の滑り台の出口がティラノの尻尾らしい。

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

途中に急降下すべり台もあり、これが本当に急な角度で一直線に滑り降りるすべり台で、かなりスピードが出そう・・。チビっ子を遊ばせるには良く見ていてあげないと危ないぞ!

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

公園の隣は金沢医科大学だからか、唐突に健康敷石のコーナーが出現! ゴツゴツの石の上を素足で歩くとツボが刺激されて健康に良いらしいが、館長は痛くてとてもじゃないけど歩けません!

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

ハマナス恐竜公園の隣にある給水タンク?にも大きな恐竜のイラスト(プテラ、ステゴ、トリケラ)が描かれていて、気分が盛り上がります。

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

公園から金沢駅に戻る帰り道、単線のローカル線・北陸鉄道の内灘駅は浅野川線の終着駅で、本線の脇に車両を整備する引込み線もあり、なんだか機関車トーマスを思い出させる風景です。

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園
内灘駅の線路の終点
線路の左側にホームが見えてます。
線路の右側の建物の後ろに
引き込み線が・・・

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園
整備を待つ車両が近くで見れます!
鉄道ファンにはたまらない!

駅舎の内部がとびきりレトロ。自動販売機で紙の切符を買って、改札が始まるまで駅舎の中で待つんです。昔は田舎の駅はだいたいこのパターンでした。時間になると駅員さんが改札口の前に出てきて、切符にハサミを入れてくれるとホームに入れるんです。懐かし~い!

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園

北陸鉄道・浅野川線も経営的には厳しそう。皆で乗るようにしないと廃線になりそうです。皆さんもハマナス恐竜公園のアパトサウルスを見に行く時は、ぜひレトロ単線も楽しんでください!

ハマナス恐竜公園は金沢駅からだと距離が10kmもあり、気合いを入れないと見に来れない公園! またいつか来れるかなぁ。

石川県内灘町 ハマナス恐竜公園
ハマナス恐竜公園の
アパトサウルス、
次に会いに来るまでお元気で!
■恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!
■館長が見学した恐竜展たち!
■恐竜に会える博物館・科学館など
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像


関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2018年の恐竜イベント情報を紹介します! 群馬県の神流町恐竜センターがリニューアル工事で休館 2018/10/09~2019/04/中旬(予定)
設立以来31年が経過した神流町恐竜センターが施設リニューアルのため休館します。来春4月中旬にリニューアルオープン予定! 待ち遠しいですね。

■ 神流町恐竜センター リニューアル休館
  (休館中) 2018年10月9日~2019年4月中旬(予定)
  神流町恐竜センター (群馬県多野郡神流町大字神ヶ原51-2)

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2018年の恐竜イベント情報を紹介します! 東京・羽田空港の近くで、恐竜がフロントで働く「変なホテル 東京 羽田」 2018/10/03 オープン!
H.I.S.ホテルホールディングスが全国展開している「変なホテル」 恐竜がフロントで働いているホテルが東京・羽田にオープン! フロントの恐竜は巨大恐竜・マメンチサウルス!?

■ 「変なホテル 東京 羽田」 オープン
  2018年10月3日~
  変なホテル 東京 羽田 (東京都大田区東糀谷2-11-18)

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2018年の恐竜イベント情報を紹介します! 岐阜県の中津川市鉱物博物館で「第23回企画展 まあるい石のひみつ 球状コンクリーションはどうやってできた?」 2018/09/22~2018/12/24
細かい砂や泥の地層中に誰かが作ったような丸い玉のようなものが・・・こうした塊はコンクリーションあるいはノジュールと呼ばれ、保存状態の良い化石が入っていることが多い! 名古屋大学を中心とする研究グループによって解明された「でき方」の秘密が展示されています。

■ 第23回企画展 まあるい石のひみつ 球状コンクリーションはどうやってできた?
  2018年9月22日~2018年12月24日
  中津川市鉱物博物館 (岐阜県中津川市苗木639-15)

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2018年の恐竜イベント情報を紹介します! 東京・上野の国立科学博物館で化石の日(10/15)を記念して 科博NEWS展示 「ニッポニテス展」 2018/10/10~2018/11/11
日本古生物学会が、北海道で見つかったアンモナイト「ニッポニテス・ミラビリス」が1904年に新種として論文発表された日付10月15日を「化石の日」として制定! これを記念して北海道やロシアで採取された多数のニッポニテスが展示されます!

■ 科博NEWS展示 「ニッポニテス展」
  2018年10月10日~2018年11月11日
  国立科学博物館 (東京都台東区上野公園7-20)

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用