[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
モノグラム 1/13 ティラノサウルス・レックス
館長が持っている「これから作るプラモデル」。モノグラムの1/13 ティラノサウルス・レックス。

これが大きいんだ! プラモデルの箱が横60センチ、縦40センチくらい。ティラノサウルスの部品も大きく、組み立てるときっと1メートル近い大きなおもちゃになる予定。昔の外国のプラモデルって、箱を開けると部品が乱暴にガサガサ入っていて、部品がきれいに並び、きれいなビニール袋にパーツが入っている日本製のきっちりとしたプラモデルとは大違い。

このキットの完成品がなぜか秋葉原の電気屋に飾られていて「でっかい!」「いかにも外国製」という感じで、長年、手に入れるチャンスを狙っていたところ、今から10年ほど前にヤフオクに出ていたものを見つけてゲット。それ以来我が家のクローゼットの上に巨大なプラモデルの箱が鎮座しているのです。

モノグラム ティラノサウルス・レックス

でもねえ、なかなか作れないんですよ。完成品をどこに置くのか? 作っちゃうと完成しちゃうから、組み立てずに持っているとズ~っとワクワクのまま。

もうしばらく持っていようかなあ? 持っているだけで幸せだったから、このワクワク感を次に幸せになる人に譲ろうかなぁ・・・。
関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する