[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
3月23日 福井県立恐竜博物館で多くの著名な恐竜研究家が集まる無料シンポジウムが開催されます!
2014年3月21日~2014年3月23日に福井県立恐竜博物館で「アジア恐竜国際シンポジウム 福井」が開催されます。その最終日の23日は博物館シンポジウム「アジアの恐竜研究とその展望」が開催、世界的に有名な恐竜研究者の方々の講演が行われます。入場無料、同時通訳ありとのこと。

【講師の方々】
リンチェン・バルスボルド博士/モンゴル科学アカデミー古生物研究センター
オヴィラプトル:モンゴルの肉食恐竜

フィリップ・カリー博士/カナダ・アルバータ大学
北アメリカとアジアにおける、ティラノサウルス科の大量死の証拠

マーティン・サンダー博士/ドイツ・ボン大学
骨の微細構造を使った、新疆ウイグル自治区産マメンチサウルスの年齢推定

デイヴィッド・バリッキオ博士/アメリカ・モンタナ州立大学
アジア産恐竜卵化石の豊富さとその理由:中国浙江省天台盆地での例

パスカル・ゴドフロア博士/ベルギー王立自然科学博物館
シベリア産のジュラ紀新鳥盤類の羽毛状構造とウロコについて

徐星博士/中国科学院古脊椎動物古人類研究所
全ての恐竜に羽毛はあったか?

東洋一博士/福井県立大学・福井県立恐竜博物館
福井県の恐竜化石

■ 博物館シンポジウム「アジアの恐竜研究とその展望」
  http://isadf2014.asia/ja/information/information.html
  2014年3月23日 10:00~14:30
  福井県立恐竜博物館
 (福井県勝山市村岡町寺尾51-11)
関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する