[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
雷竜がウジャウジャ登場する宮沢賢治の童話「楢ノ木大学士の野宿」
恐竜のおもちゃではないのですが、ブロントサウルスがウジャウジャ登場する宮沢賢治の童話「楢ノ木大学士の野宿(ならのきだいがくしののじゅく)」という話ががあると知り、古書店などで探していたら、なんと、インターネットで全文が公開されていました。

あらすじは、主人公で珍しい鉱物採集を商売にしている「楢ノ木大学士」という人のところに、珍しい石を探して欲しいと依頼が届き、採集を約束した「楢ノ木大学士」が上野から採集の旅に出る。採集先の岩手県?では、目的の良い鉱物がなかなか見つからず、3泊目の野宿で雷竜(ブロントサウルス)がウジャウジャいる世界に迷い込み、喰われる寸前で目が覚める・・という話

宮沢賢治は地学や鉱物にも詳しかったようですね。楢ノ木大学士の野宿は宮沢賢治の死の翌年の1934年に公表された童話ですが、それから44年後、宮沢賢治が愛した岩手県からは1978年に岩泉町のモシ(茂師)から大型竜脚類と考えられているモシリュウ(茂師竜)の化石が発見され、まさに宮沢賢治が大型恐竜の存在を予言していたようです。

楢ノ木大学士の野宿」は青空文庫で全文入手可能です。
旧かな使いだからかなり読みにくいけど、短いお話なので、一度読んでみてください!
関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する