[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
かなり以前から行ってみたかった京都市青少年科学センターに、動くティラノサウルスや大きな恐竜の全身骨格化石を見に行きました!
館長
イクチオサウルス、アンモナイト、ナウマンゾウの化石、ティラノサウルス恐竜のロボット、アジアゾウ全身骨格、実物のアロサウルス頭骨化石、プロトケラトプスの全身骨格、カンプトサウルス、アロサウルス、タルボサウルス、草食恐竜の卵、恐竜の糞化石、サウロロフスなどなど盛り沢山。以前からマークしていた施設ですが、今回やっと見に行くことができました。

■ 京都市青少年科学センター
■ 所在地:京都府京都市伏見区深草池ノ内町13
■ 交通:京阪・藤森駅から約400メートル
京阪・藤森駅からスタート
「ふじもり」でなく
「ふじのもり」だった
京都市青少年科学センターの恐竜たち

駅はコンパクト
京都市青少年科学センターの恐竜たち
駅前には
「京都市青少年科学センター」の
案内が見当たらない・・
スマホの地図を使って歩いて行くと・・・

京都市青少年科学センターを発見
京都市青少年科学センターの恐竜たち

展示場・プラネタリウムと書かれた
建物の方です
京都市青少年科学センターの恐竜たち

京都市青少年科学センターの恐竜たち
入場料おとな510円
京都市青少年科学センターの恐竜たち

入ると直ぐに
動くティラノサウルス!

【動画】
なんと日本語を話します!

京都市青少年科学センターの恐竜たち

京都市青少年科学センターの恐竜たち

京都市青少年科学センターの恐竜たち

ボタン操作で動きを
コントロールして
遊べます

メイン会場には
サウロロフスと
タルボサウルスの
骨格がそびえ立つ・・
かなりレトロな再現ポーズ
京都市青少年科学センターの恐竜たち

京都市青少年科学センターの恐竜たち
ロボットのティラノサウルスと
ポーズが違いすぎる・・・
と指摘する来場者あり。

そうだよね
最近の映画に出てくる恐竜は
こんな立ち方しないもんなぁ。
京都市青少年科学センターの恐竜たち

メイン会場の恐竜の前では
時間になると科学センターの方の
恐竜解説があります。

恐竜の説明を聞いたり
ウンコ化石に触ったりできるんです。
京都市青少年科学センターの恐竜たち

京都市青少年科学センターの恐竜たち

館内には所狭しと
恐竜化石が飾られています。

サウロロフスの頭骨
京都市青少年科学センターの恐竜たち

サウロロフスの下顎
京都市青少年科学センターの恐竜たち

サウロロフスのヒフ
京都市青少年科学センターの恐竜たち

タルボサウルスの頭骨
京都市青少年科学センターの恐竜たち
ほかにも結構並んでますね。

アロサウルスの頭骨
京都市青少年科学センターの恐竜たち

プロトケラトプス
京都市青少年科学センターの恐竜たち

恐竜のたまご
京都市青少年科学センターの恐竜たち

サンタナダクティルス頭骨
京都市青少年科学センターの恐竜たち
飛び出た牙が迫力

アジアゾウの全身骨格
京都市青少年科学センターの恐竜たち

復元模型
京都市青少年科学センターの恐竜たち

アフリカゾウの模型
京都市青少年科学センターの恐竜たち
これ模型なんですよ

ランフォリクス
京都市青少年科学センターの恐竜たち

プテラノドン
京都市青少年科学センターの恐竜たち

デスモスチルス
京都市青少年科学センターの恐竜たち

マチカネワニ
京都市青少年科学センターの恐竜たち

イクチオサウルス
京都市青少年科学センターの恐竜たち

京都市青少年科学センターの恐竜たち
ほかの展示物はもちろん
レプリカですが、
アロサウルス頭骨(実物)は寄贈されたもので、
実物化石は日本には
「ここにしかない」と
説明されています。
今もそうなの?

カンプトサウルス頭骨
京都市青少年科学センターの恐竜たち

アロサウルスの爪
京都市青少年科学センターの恐竜たち

かなり以前から京都市青少年科学センターには恐竜ロボットや恐竜化石が展示されていることは知っていたのですが、なかなか行く期待がなくて、今回やっと行くことができました。恐竜たちのほかにも、科学の仕組みや不思議を体験できる、触れる展示物がたくさん、プラネタリウムもあり、科学に興味をもってもらう楽しい施設です。

京都市青少年科学センターの恐竜たち

京都市青少年科学センターの恐竜たち

京都市青少年科学センターの恐竜たち

京都市青少年科学センターの恐竜たち

恐竜の展示が、展示物もそのポーズも全体にレトロで、昔に国立科学博物館を見たときの感動が甦ったような、懐かしさを感じます。タルボサウルスが今風の尻尾を持ち上げたポーズにならないうちに見ておきたい施設です。


【動画】
みなさん
近くに来たらぜひ寄ってくださいね!
■恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!

■館長が見学した恐竜展たち!
■恐竜に会える博物館・科学館など
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像
関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する