[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
東京工業大学の博物館の地球史コーナーの展示を見に行ってみました!
館長
東京工業大学の博物館の地球史コーナーに大きな恐竜の骨格化石などの展示はないようですが、恐竜のタマゴの化石、アノマロカリス、エディアカラ動物群のレプリカなどが展示されているようです。 ということで見に行ってみました!

■ 東京工業大学博物館
■ 所在地:東京都目黒区大岡山2-12-1 I2-9
■ 交通:東急目黒線・大井町線の大岡山駅のすぐ前
大岡山駅前のある東京工業大学の敷地に入ってすぐ右側に独特なデザインの建物が百年記念館。大岡山の本当に駅前です。

東京工業大学の博物館の地球史コーナーの恐竜化石

この建物の2階と地下1階が展示室として公開されています(入場無料)。

東京工業大学の博物館の地球史コーナーの恐竜化石

地球史展示室は2階。コンパクトな一部屋で、目につく展示物はアロサウルスの頭骨、天井付近を飛んでいる翼竜タペジャラ、恐竜のタマゴの化石でした。

東京工業大学の博物館の地球史コーナーの恐竜化石

アロサウルス
東京工業大学の博物館の地球史コーナーの恐竜化石

東京工業大学の博物館の地球史コーナーの恐竜化石

東京工業大学の博物館の地球史コーナーの恐竜化石

タペジャラ
東京工業大学の博物館の地球史コーナーの恐竜化石
天井の配管がジャマして
見えます?

恐竜のタマゴの化石
東京工業大学の博物館の地球史コーナーの恐竜化石

東京工業大学の博物館の地球史コーナーの恐竜化石

プシッタコサウルス
東京工業大学の博物館の地球史コーナーの恐竜化石

アンモナイトたち
東京工業大学の博物館の地球史コーナーの恐竜化石

東京工業大学の博物館の地球史コーナーの恐竜化石

定番の三葉虫
東京工業大学の博物館の地球史コーナーの恐竜化石

コマチアイト
東京工業大学の博物館の地球史コーナーの恐竜化石

コマチアイト? 「・・・非常に高温の条件でマントルが融けたマグマが地表に噴出し、急冷されて生成した岩石です。先カンブリア時代の地層に多く産出します。・・・・コマチアイトが熱水変質する際に生成する水素が、原始地球の初期微生物の生態系のエネルギー源であったとする仮説が提案されています・・・」  なるほどねえ・・・

入場無料はうれしいのですが、わざわざ見に来た恐竜ファンとしては、ちょっと残念な展示内容ですね。壁面に説明パネルもあるのですが、地球46億年でパネル数枚だから、恐竜時代はほんの少し。お利口さんが通う国立大学なので期待しちゃった・・・。

東京工業大学の博物館の地球史コーナーの恐竜化石

地球の中のことを調べようとするとき、掘って調べたら、30kmが最も深い記録らしいのですが、噴出するマグマを調べると地球内部の数百キロの深さから物質を引き連れて吹き出すので、冷えてできた岩石を調べることが、人間が掘るよりも地球内部の研究には最適ということが解ったのが最大の収穫でした!

入場無料なので、みなさんも近くに行った際は寄ってみてください。

■恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!
■館長が見学した恐竜展たち!
■恐竜に会える博物館・科学館など
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する