[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
国立科学博物館で開催中のラスコー展を見てきました。古代の人類の芸術作品ラスコー洞窟壁画の複製や描いた人たちの復元模型が凄い!
館長
国立科学博物館で開催中のラスコー展を見てきました。古代の人類の芸術作品ラスコー洞窟壁画の複製や描いた人たちの復元模型が楽しみです。

■ 名称:世界遺産 ラスコー展
     ~クロマニョン人が残した洞窟壁画~
■ 会場:国立科学博物館
     東京都台東区上野公園7-20
■ 期間:2016年11月1日~2017年2月19日

毎度の特別会場の入り口
世界遺産 ラスコー展
あまり混んでない・・・
ゆっくり見るチャンス!

世界遺産 ラスコー展
入ってすぐの
クロマニョン人の親子

まるで生きている
人間です

見ている人たちも
「今の人間と変わらないじゃない」
という感想が多い・・・・・

世界遺産 ラスコー展
有名な「泳ぐシカ」

世界遺産 ラスコー展
2メートルの巨大な「黒い牝ウシ」

世界遺産 ラスコー展
照明が落ち
線画が浮き上がる演出
幻想的です

世界遺産 ラスコー展
背中合わせのバイソン

世界遺産 ラスコー展
トリ人間 ?

この絵はとっても不思議です。
他の絵が写実的なのに
中央に平べったい人間が
倒れている・・・
狩の物語なのかな?

世界遺産 ラスコー展
クロマニョン人の男女

すぐそばで見ても
まるで生きている人間です

「今の人と同じだねえ・・・」
という声が多かった・・・
クロマニョン人だけど
我々と同じホモサピエンスですから

世界遺産 ラスコー展
遠くを指さす女性のアップ

世界遺産 ラスコー展
風格があるオジサン
実年齢は見かけよりも
若いんでしょうね

しかし良くできています。

 世界遺産 ラスコー展 ~クロマニョン人が残した洞窟壁画~ 再現された壁画が展示の目玉なのですが、個人的にはクロマニョン人の生態復元人形の精度の高さにビックリ。クロマニョン人たちが石や骨を加工して作った生活用品の展示も興味津々でした。道具を作るにはとっても手間がかかりそうですが、私も昔、コツコツ作ったんだろうなぁ・・・と、なんだか懐かしい展示会でした。

 この展示会は今後も国内を巡回するので、近くに来たら、みなさんも遊びに行ってみてはいかがですか。お勧めです!
■ 国立科学博物館    2016年11月 1日~20117年 2月19日
■ 宮城・東北歴史博物館 2017年 3月25日~ 5月28日
■ 福岡・九州国立博物館 2017年 7月11日~ 9月 3日

■恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!
■館長が見学した恐竜展たち!
■恐竜に会える博物館・科学館など
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する